野坂 礼子

2章_03. 人は必ず言葉を使って思考する